ようこそ、佐藤正樹司法書士事務所(釧路市)のホームページへ

不動産と税金

不動産と税金

  • 不動産を取得したとき
    • 不動産(つまり土地や建物)を取得した際には不動産取得税がかかります。
    • 登記の有無や有償無償かを問いません。
    • 固定資産税評価額の3%ということのようですが、特例措置もあるようです。北海道庁や各支庁の担当部署に確認してみるとよいでしょう。
    • 詳しくはこちら⇒ここをクリック


  • 不動産を売ったとき
    • 土地や建物を売ったときの譲渡所得に対する税金は、分離課税といって給与所得などの他の所得と区分して計算します。ただし、確定申告の手続は、他の所得と一緒に行うことになります
    • 売った土地や建物の所有期間が、売った年の1月1日現在で5年を超えるかどうかにより、適用する税率が異なります。
    • 詳しくはこちら①⇒ここをクリック
    • 詳しくはこちら②⇒ここをクリック


  • 不動産を贈与したとき
    • 贈与税は、個人から財産をもらったときにかかる税金です。
      会社など法人から財産をもらったときは贈与税はかかりませんが、所得税がかかることになっています。
    • 贈与税は、原則として、贈与を受けたすべての財産に対して課税されます。その財産の性質や贈与の目的などからみて、例外的に、贈与税が課税されない財産もあります。
    • 詳しくはこちら⇒ここをクリック
    • 詳しくはこちら⇒ここをクリック



powered by HAIK 7.1.2
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional